ホームページもご覧ください。http://www.asahi-net.or.jp/~ga6k-izw/


by hoopoe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

鳥目には縁なし

 「鳥目」という言葉があるので鳥は夜は目が見えないと思っている人も多いようです。そんな鳥もいますが夜も目がよく見える鳥もなかなか多いようです。ゴイサギ(五位鷺)もその1種です。昼間の餌捕りもしますが夜もよく活動しているようです。 
f0132199_2028244.jpg あまり行ったことがない住宅地に意外な自然の流れがありました。大きな岩盤が露出していて小さな滝もできていました。そこでゴイサギが魚をねらっていました。漢字で書けばわかるとおりこの鳥は位を持っています。醍醐天皇から五位の位をもらったのだそうです。幼鳥は全く別の鳥のように見えます。褐色の羽に淡い色の斑点がたくさんあり「ホシゴイ(星五位)」と呼ばれています。成鳥になるのに3年かかるそうです。
 
[PR]
by hoopoe | 2007-07-29 20:31

蝉もなかなか大変です

 梅雨も明けて蝉の声で毎朝起こされるようになりました。庭の八朔の木にもう抜け殻がいくつもあります。羽化の様子を一度見たいと思っていましたが、夜になると忘れていてなかなか果たせませんでした。やっとそれが実行できました。
f0132199_22583481.jpg 恐らく夜中近くに木に登って脱皮を始めるのだろうと思っていましたが、それは違っていました。土から出るところはまだ見ていませんが、恐らく日の暮とほとんど同時でしょう。観察した先夜は8時を過ぎていましたが、既に脱皮を始めているものがいました。そこへもう1匹やって来たのでそちらを観察することにしました。しかし、それから1時間以上もその1匹は移動を続けてやっと1枚の葉の先に止まりました。それから背中が割れて完全に脱皮して羽を広げるまで更に1時間ほどかかりました。結局2時間近くも庭にいなければなりませんでした。こんなのは私にはあまり向きませんが、ふっと抱いた好奇心は満たされました。羽化の様子は別のページでご覧ください。
[PR]
by hoopoe | 2007-07-25 23:00
 大洪水で困っているところがあるかと思えば雨不足で困っているところもあります。先日訪れた中国の雲南省の北部でさへ禿山ばかりでした。日本もそうですが待望の雨が降れば土砂崩れや洪水が起こるのは必至でしょう。中国だけではありませんが、これでは「経済が発展して国が滅ぶ」ということになってしまいそうです。コンクリートのダムよりは緑のダムを増やさねばならないと思います。針葉樹も必要ですが水を貯え災害を防ぐには潜在自然植生にあった広葉樹を植えねばならないと思います。ヤイロチョウは広葉樹林がなければ生きられません。ヤイロチョウは広葉樹林を再生させる運動の象徴です。
f0132199_23354345.jpg ところで東京からヤイロチョウの絵が届きました。何と御年103歳のYさんです。私の旧友のお母さんですが、一緒に住んでいた息子さん夫婦はとっくに他界されていますがこの確かぶりです。私一人のものにしておくのはもったいないのでお目にかけることにしました。
[PR]
by hoopoe | 2007-07-20 23:19

中国にセグロセキレイ?

 中国にはいないはずの「セグロセキレイ発見!」と思ったんですが、、、。これはハクセキレイだそうですが、日本では見られない亜種でオオハクセキレイ(大白鶺鴒)だとのことです。そう言われれば顎が白くありません。こんなのがいるなんて初めて知りました。手前のは若鳥でしょう。他の鳥は別のページで見てください。
f0132199_21121618.jpg 雲南省の北の端に聳える梅里雪山の麓の村に行きました。頂上はなかなか姿を見せてくれませんでしたが天気はまずまずでした。氷河見物をして下山するまで何も知りませんでしたが村の外れに日中合同登山隊の慰霊碑がありました。1990年に別のところから登った17人の登頂隊が雪崩に遭い全員死亡したそうです。その遺体が私たちが見た氷河に何年もたって流れ出て来たとのこと。まだ1人は見つかっていないとのことです。
[PR]
by hoopoe | 2007-07-07 20:39

また出会いました

 短い足を思いっきり伸ばして中国・雲南省の北部のハイキングの旅に行って来ました。
f0132199_22344987.jpg 長江の上流の金沙江という川に虎跳峡というところがあります。滔々と流れていた静かな流れが急に怒涛渦巻く流れになっているところです。両側から山がせり出して来て川幅が急に狭くなっているからです。真ん中に大きな岩もあって虎が飛んで渡ったところだとか。そこまで行くために山肌をえぐって遊歩道が作られていますが、上からいつ石が落ちてくるかわからないという危険きわまりない道でした。途中でカワビタキ♂を見つけました。3月に広西荘族自治区でも見た鳥です。トンボをくわえているようです。
[PR]
by hoopoe | 2007-07-06 22:20