ホームページもご覧ください。http://www.asahi-net.or.jp/~ga6k-izw/


by hoopoe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

涼しい声のプレゼント

 連日30℃を越す暑さがつづいていますが、朝から涼しげな鳥の声が聞こえて来ました。ピーチョイチョピーチョとかなりいい声です。家の付近をあっちこっと移動していました。雀のような小鳥ではなくてムクドリ大です。
f0132199_1245438.jpg 前の家の軒下の樋に止まって鳴いているところをを撮りました、イソヒヨドリ(磯鵯)の雌です。雄は背が青く腹は赤褐色で繁殖期にはなかなかきれいですが、雌はこのように黒褐色で鱗状の斑点が目立ちます。名前のとおり海岸の岩場などでも見られますが市街地でも、またかなりの山の中でも見られるようです。
[PR]
by hoopoe | 2007-08-29 12:50

岩場の青い星

 涼しさを求めて滝見に出かけました。水しぶきがかかる岩陰に萎れたような花があるのに気がつきました。花が全部下向きに咲いていましたが鮮やかな青い花びらが目にとまりました。
f0132199_2334115.jpg 下から見るとこのように見えます。少し離れたところにあったのはもっと形が良かったのですが、色が鮮やかなのでこの写真にしました。点々とあるのはレンズに付いた水しぶきです。名前はイワタバコ(岩煙草)だそうです。この花には似つかわしくありませんが、葉っぱがタバコに似ているからだそうです。タバコにはならないけれど若葉は食べることができるそうです。 
[PR]
by hoopoe | 2007-08-21 22:47

狐の孫

 恐らく子供の頃からよく見ていたと思う草ですが小さな小さな花が咲いているのに初めて気がつきました。花の直径は2mmくらいですがよく見るとなかなかおもしろい形をしています。
f0132199_22262845.jpg これがスズムシバナが属するキツネノマゴ科の総元締め?キツネノマゴ(狐の孫)だと知りました。狐の孫という名前の由来はよくわからないそうですが「穂が狐の尻尾に似ていて花が非常に小さいから」というのが一番納得がいきます。花びらは唇状のが上下にあって下側のが大きくなっています。
[PR]
by hoopoe | 2007-08-20 22:12

翅を広げて!

 友人が訪ねて来たので少し遠くですが大好きな山へ行ってみました。残念ながら期待していた鳥の声もほとんど聞こえず、目につくような花もありませんでした。
  しかし頂上で弁当を食べて帰ろうとしていると黄色い蝶々がやって来て小さな花の蜜を吸い始めました。羽の表面は鮮やかな黄色でした。それを撮りたいとしばらくねばってみましたが細かな動きをするのでうまくいきませんでした。画面の隅に少しピンボケで1枚写せただけでした。
f0132199_10165758.jpg それも道理でこのホソスジヤマキチョウ(細筋山黄蝶)はとまっている時に翅を広げることはまずないのだそうです。花の方も小さいながら面白い姿です。コウヤコウヤボウキ(高野箒)という名前で茎を束ねて高野山で箒に使ったことに由来するのだそうです。今日もうれしい出会いがありました。
[PR]
by hoopoe | 2007-08-19 23:40

花の命の短くて

 スズムシバナ(鈴虫花)という植物を教えてもらいました。スズムシソウともいうそうですがスズムシソウは蘭科のもあるのでこちらをスズムシバナと呼ぶようになったそうです。
f0132199_15144761.jpg この花を見られるのは朝の内だけだとのことです。林芙美子が詠んだように「花の命の短くて」です。ご承知のように彼女の歌は「苦しきことのみ多かりき」と続きます。少なくても彼女の前半生はそうだったのでしょう。ところが彼女よりももっと短い人生だった高杉晋作は「おもしろきこともなき世をおもしろく住みなすものは心なりけり」と詠み「おもしろいのう」と言って世を去ったそうです。
 憂きことも多い世の中ですが花鳥風月も愛でておもしろく過ごしたいと思っています。
[PR]
by hoopoe | 2007-08-17 15:16

儚い命の女王さま

 まだ早いと思いましたが山で友達になったK夫妻がコオロギランを探しに行くというので同行しました。心当たりのところを探してみてもやはり見つかりませんでした。その代わりにヒメノヤガラがありました。ヒメノヤガラもコオロギランと同様に小さな小さな植物で図鑑でもなかなか見られない珍しい植物です。何本もあって写真を撮りましたが小さいのでピントがなかなか合わず苦労しました。何とか写真は撮れたのですが、そのすぐ近くにもっと人目を引く珍しいものがありました。
f0132199_20173978.jpg キノコの女王とも呼ばれるウスキキヌガサタケ(薄黄絹傘茸)です。本体が出て来るのに約1時間、網のようなスカートが出て来るのに約30分、そして更に1時間もすれば全てが萎れてしまうそうです。だからよっぽど運がよくなければ出会えないとのことです。各地で絶滅危惧種に指定されているようです。白いスカートのがキヌガサタケで中華料理の材料になるそうです。
[PR]
by hoopoe | 2007-08-11 20:27