ホームページもご覧ください。http://www.asahi-net.or.jp/~ga6k-izw/


by hoopoe
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

珍しいお客さん

 9月も末になってやっと秋が来たようですが、今日は涼し過ぎるほどでした。久しぶりで鳥の写真を撮るつもりで河口へ出かけました。目につくのはイソシギ(磯鷸)キアシシギ(黄足鷸)だけでした。今の私にはもう珍しくはない鳥なので他に何かいないかと探してみたのですがいそうにありません。諦めて帰ろうと思いましたが海の方へ回ってみると波打際に珍しいお客さんが来ていました。アオサギ(蒼鷺)かなと思ったんですが、、、。
f0132199_2156576.jpg アオサギよりずっと黒ずんだ色をしていました。以前に他のところで一度見たことがあるクロサギ(黒鷺)でした。こんな色ならクロサギという名前で納得しますが、「白いクロサギ」もいるというんですからやっかいです。そんなのは鷺ではなく詐欺だと言いたくなります。
[PR]
by hoopoe | 2007-09-29 22:06

残暑の干潟で

 今年は残暑が長くて悲鳴をあげていますが、暑い中を河口へ出かけてみました。残念ながら鳥はあまり見られませんでしたが、絶滅危惧種のハクセンシオマネキがたくさんいました。
f0132199_20451796.jpg 大人の小指の先ほどの小さな蟹です。雄のどちらか一方の鋏が大きくて白いのでこう呼ばれるようです。潮が引いた干潟の硬い泥のところにいます。こちらが少しでも動くとサッと巣穴に入ってしまいますが、しばらくすると出て来て大きな鋏は前にかざして小さな鋏で砂粒をせっせと口に運んでいます。砂についた有機物を摂っているようです。砂は吐き出して積み上げていきます。
[PR]
by hoopoe | 2007-09-22 20:48

海のホタル

 ウミホタルなんて水深の深い海にいるのかと思っていましたが浅い砂場にいるのだとのこと。捕って孫たちに見せてやるのだとKさんから聞き夕暮れの海へ行ってみました。
f0132199_2159163.jpg ペットボトルの仕掛けを投げ入れてしばらくして引き上げると青白い光が何個も見えました。足元にもこぼれて幻想的な光を発しています。でも光るのはウミホタルそのものではなくそれが放出する液体なのだそうです。ウミボタルは小さな動物性プランクトンで肉眼で見るのは難しいようですが、海の掃除屋として大切な役割を持っているとのこと。昼間は砂の中に潜んでいて夜になると水中に出て死んだ魚などを食べるのだそうです。海の近くに住んでいますがこんなことも初めて知りました。
[PR]
by hoopoe | 2007-09-15 22:59