ホームページもご覧ください。http://www.asahi-net.or.jp/~ga6k-izw/


by hoopoe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

街の緑の中にも

f0132199_2350494.jpg
 久しぶりにザ・シンフォニーホールへ行きました。開演までに時間がかなりあったのであまり来ることのない街を散策してみました。小鳥に出会わないかという期待もあって緑が見えたところへ2~3箇所行ってみましたが、鳥の姿は全く見えませんでした。元のところへ戻って来ましたが、ホールへの通路にもなっている並木のところにドバトやスズメたちに混じってツグミ(鶫)がいました。人通りが多くても危害を加えない人達だということをよく知っているのでしょう。近すぎて尻尾の方がはみ出してしまった写真になりましたが、トリミングは全くなしの写真です。こんな街中でしかもこんなに近くでツグミに出会ったのは初めてです。
[PR]
by hoopoe | 2009-01-25 23:57

かわいいドラマー sanpo

f0132199_18444670.jpg
 寒いのは苦手ですが冬ですから、雪が降るのも少しは期待していますがやはり暖冬のようです。寒かった昨日も雪にはならず雨でした。今日は一昨日ほどのいい天気にはなりませんでしたが、割りと暖かい日でした。こういう日は歩きに出るのにも決心はいりません。
 山際の散歩道でアオジ・シロハラ・エナガにも出会いましたが、シジュウカラの群にコゲラ(小啄木鳥)がいました。動き回る上に木の裏側に回ったりでなかなかうまく写せない鳥ですが、電池切れ前の最後の1枚でいい姿が撮れました。スズメくらいの大きさですが、日本にいるキツツキの中では最小だそうですが、私はこれしか見たことがありません。
[PR]
by hoopoe | 2009-01-19 18:36

スズメのような

f0132199_19454078.jpg
 河口での野鳥観察会の付き合いで寒さを心配しましたが、この冬一番の暖かい日になってホッとしました。珍しく若い女性たちも参加していました。海に近い水辺ではヒドリガモ・コガモ・イソシギ・セグロカモメなどが見られましたが、川の方の芦原にもカワラヒワやモズなども現れました。雀だと思って見過ごしてしまう鳥は多いのですが、これもその1種です。夏羽なら頭が黒くてすぐにわかるでしょうが、これは冬羽でちょっと見には雀そっくりです。残念ながらこの1枚しか撮れなかったのでいい写真ではありませんが、オオジュリン(大寿林)のオスだと思います。
[PR]
by hoopoe | 2009-01-17 19:48

久しぶり

f0132199_2052406.jpg
 この地方には溜池が多いのですが、最近は稲作が減ったせいか水がほとんどない池が増えています。オシドリが来ていた池も水がなくて期待できません。近くにかなり大きな池がありますが、例年はアオサギやセキレイ類が見られるくらいです。ところが、今年はそこにキンクロハジロ・ホシハジロ・ハシビロガモなどが来ています。例年の池が干上がっているのかも知れません。
 岸辺では相変らずセキレイ類がちょろちょろしていますが、その中にセキレイではない鳥たちもいました。ビンズイ(便追)によく似ていますが、環境や鳴き声も判断材料にするとタヒバリ(田雲雀)だろうと思います。
[PR]
by hoopoe | 2009-01-06 20:42

新年の出会いは

f0132199_22183531.jpg
 新年の出会いは梢の瑠璃鶲(るりびたき)。寒さの続いた正月でしたが、風もなくあまりにもいい天気でしたので鳥撮り散歩に出かけました。メジロやアオジ、モズなどが目の前に出て来てくれましたが、もう嫌というほど撮っている鳥たちです。間もなく、行く手の木の上の方に目の上が白が目立つ鳥がいるのを見つけました。それほど遠くはありませんが、枝にほとんど隠れています。少し回り込んで1枚撮りました。もう少しこちらを向いているのを撮りたかったのですが、散歩の人が近づいて来て飛び去ってしまいました。多くの人が散歩する道だから仕方がありませんが、鳥たちがあまり人を怖がらないといういいところもあります。ルリビタキ(瑠璃鶲)のオスです。俳句では夏か秋の鳥ということになっているようですが、冬でないと里では見られません。
[PR]
by hoopoe | 2009-01-04 22:20