ホームページもご覧ください。http://www.asahi-net.or.jp/~ga6k-izw/


by hoopoe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

また幼鳥が

f0132199_20322092.jpg
 イソシギとイカルチドリの幼鳥がいたのと同じ池に作られた浮き桟橋に3羽の鳥が乗っていました。手前の左はカルガモ、右側はマガモです。マガモがこの時期にいるのはあまり考えらられないことですが、この池ではオオバンも残っていますのでマガモがいても不思議はないでしょう。
 それより、その向こう側で魚を狙っている鳥が気になりました。ゴイサギの幼鳥のホシゴイかなと思いましたが、どうやら少し違います。ササゴイ(笹五位)の幼鳥でした。ゴイサギの幼鳥のように別名はついていないようです。枯れ枝を水面に浮かべたりして魚を誘き寄せるて捕るので知られている鳥です。
[PR]
by hoopoe | 2009-08-27 14:43

国道の看板に

f0132199_13492656.jpg
 国道沿いにある看板の上に大型の鳥がとまるのが車の中から見えました。大型の魚捕りの名人・ミサゴ(鶚)でした。そこで車をとめることはできませんでしたが、丁度右折りの道があるところでしたので正面に回りこみました。桜の木があってこちら姿は見せることなく写真が撮れました。距離は10mほどでした。しばらくそこにいましたので、十分に写真が撮れました。
 「あっ、飛んだ!」と思ったら座ザブーンという音が聞こえました。交通量の多い国道沿いの看板で何故長居をしていうrのだろうと思っていましたが、川の鯉を狙っていたのです。しばらく水の中でバタバタやっていましたが、大きな鯉をぶら下げて飛んで行きました。残念ながらその場面は撮れませんでした。
[PR]
by hoopoe | 2009-08-19 13:34

珍客か

f0132199_14311953.jpg
 洪水調整池に大雨の後で流れて来た木や芥が浮いて水面がふさがれています。そこへここでは見慣れない鳥がやって来ていました。手前のイソシギ(磯鴫)もここでは初めてなのですが、向こう側のチドリはこれまで見たことがあるものとは違いした。ちょっと大きく見えるのと足の色から珍しいオオメダイチドリかも知れないと思っていました。
 何人もの人に横向きに加えて前後の写真も見せて確かめてみました。そもそもオオメダイチドリを見たことがあるという人はいませんでしたが、それらの人に意見を総合すると、どうやらイカルチドリ(斑鳩千鳥)の幼鳥だろうということになりました。幼鳥は成鳥の持つ特色がまだ現れていないものが多くて別の種類のように見えるのが多くて判断はなかなか難しいものです。
[PR]
by hoopoe | 2009-08-18 14:29

紛らわしい

f0132199_13294266.jpg
 池の芥の上にハクセキレイと紛らわしい鳥が降りました。顔をよく見るとセグロセキレイです。もっと若いのは載せたことがありますが、成鳥に近いのは初めてです。
[PR]
by hoopoe | 2009-08-17 13:24